十六日祭(ジュールクニチー)は「あの世(グソー)の正月」

旧暦1月16日は、十六日祭(ジュールクニチー)「あの世(グソー)の正月」と言われています。墓前に家族、親戚が集まって重箱料理やごちそうをお供えして、ウチカビを焼いて祖先の供養を行います。
 十六日祭は、主に宮古島、八重山(石垣)などの先島地域や沖縄本島北部地域で盛んに行われており、その時期には多くの人が島に帰省します。本島に住んでいて故郷に帰れない人達は十六日祭(ジュールクニチー)の当日、島の方角に向かって祖先に手を合わせるそうです。