ムーチーの日(旧暦の12月8日)

  旧暦の12月8日(2016年は1月17日)にはムーチーを作り家族の健康や無病息災、とりわけ子どもの健康と安全 を祈願する厄払いとしてカーサムーチーを各家庭で食べます。

ムーチー(餅・鬼餅)とは沖縄で食されているお菓子の1種です。 白糖や黒糖で味付けし、紅芋などで色づけをした餅を、 月桃の葉で包み、蒸して作ります。 また、サンニン(月桃)の葉で巻く事から「カーサムーチー」とも呼ばれます。

ムーチーを作って厄払いをする習慣は、沖縄本島の民話が由来となっており、 昔、首里に住んでいた兄妹の兄が、大里村の洞窟に移り住み、夜な夜な鬼になって 家畜などをを襲って食べる鬼になってしまいました。 妹は、兄を退治するため月桃に包んだ鉄釘の入ったお餅を作り、 このお餅を兄に食べさせ退治したことから、「鬼餅」と呼ばれ、 その日が旧暦の12月8日だったことから、厄払いの日として、 ムーチーを食べる風習が生まれました。

ムーチーを食べる旧暦の12月8日(新暦の1月下旬から2月上旬)は沖縄では最も寒い時期であり、この時期を沖縄方言でムーチービーサー(鬼餅寒)と呼んでいます。